MASTERPiECE / DESIGN



純日本製による最高の掛け心地への追求と「こだわり」

“MASTERPiECE”は最高の掛け心地を考慮したエルゴノミクス(人間工学)な
デザインフレームの追求と最高の掛け心地を表現するフレーム構造への「こだわり」があります。
適度な弾力性の『コシ』のあるテンプル構造や湾曲したテンプル形状には、
純日本製でしか表現できないエルゴノミクスな機能への「こだわり」があります。




spcim_1.jpg


βチタンへの「こだわり」

現在の市場には数多くのβ-チタンを採用した眼鏡フレームが存在していますが、“MASTERPiECE”が使用するβチタンは、日本の大手金属 メーカー数社の中でも、ある1社のみが生産している特定の配合で作られた“DAT-51”を使用しております。
“MASTERPiECE”は柔軟性の優れた最高品質の「こだわり」の眼鏡フレームを追求しています。


βチタンには最高品質の“DAT-51”を使用

βチタンは純チタンと結晶の構造が異なるチタンで、純チタンに比べてバネ性に優れ、熱の影響に強い特性をもっています。
“MASTERPiECE”ではその中でも最高品質なβチタン “ DAT-51”を使用しています。
“DAT-51”はβチタンの中でもプレス加工性 が高いのが特徴で、柔軟性の優れたテンプルの形状等を作り出す事が可能となりました。
(チタニウム74%・バナジウム22%・アルミニウム4%)


しっかり固定させる“OSロックネジ”を使用

neji1.jpgネジ山の一部を変形させる事で高い密着性を実現した、従来の3〜5倍緩みにくいメガネ専用ネジです。
ネジ締め後に軸力がかかった場合、雌ネジを変形させ、 雌ネジに食い込みます。
同時に緩み方向に向かってエラが張り出すように変形するので、緩み方向のトルクに対抗します。
他の緩み止め機能ネジとは違い、 繰り返し使用ができます。


バタツキを防ぐ“Zスクリューネジ”を使用

neji2.gif“Zスクリューネジ”を締めつけると、赤い樹脂部分が広がり、テンプルの緩みを軽減し、テンプルのバタツキを防ぎます。
5,000回以上の開閉試験を繰り返しても緩みません。




spcim_2.jpg

湾曲した形状の「こだわり」

丸みのあるフォルムデザインは、日本人の横幅の広い顔に合わせた「こだわり」のアールをかけています。
横幅の狭い小振りなフロントでも快適な掛け心地と優れた柔軟性を生み出します。




spcim_3.jpg





エルゴノミクス(人間工学的)な
フレームデザイン。

エルゴノミクスにデザインされたフレーム構造。
“MASTERPiECE”の最大の特徴であるエルゴノミクスを追求したフレーム設計。

DAT51(βチタン)を用いて非常に優れた柔軟性をもつ テンプル構造は、装着する際に
しなるように滑らかに頭部 へとフィットして抜群のホールド感を実現しています。
装着後は安定したポジションを常に確保できるように、 エルゴノミクス(人間工学的)
を追求したデザインを採用 しています。